今年もミドリ安全は
東京マラソンEXPO 2017 に出展しました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

東京マラソンEXPO 2017に、たくさんのご来場を頂きありがとうございました。
ランナーの皆様にご好評いただいております「塩熱飴シリーズ」で、これからもミドリ安全はランナーを応援します!スタッフ一同

東京マラソンEXPO 2017 ミドリ安全出展ブース風景

2月25日、3回にわたり福島和可菜さん(写真右)にトークショーをして頂きました。(写真左:司会は柴田綾さん)

たくさんの方に「塩熱飴シリーズ」を試食して頂きました。

福島 和可菜さん

福島和可菜さん、
フルマラソン自己ベスト更新!
2時間57分51秒で完走!
フルマラソンで女性芸能人
最速記録更新!!

東京マラソンEXPO 2017 ミドリ安全出展ブースにて、トークショーを行って頂きました福島和可菜さんが、翌日のフルマラソンにて自己記録を更新しました!!

開催日時/会場アクセス

東京マラソンEXPO2016 ミドリ安全出展ブース風景

終了しました。

東京マラソンEXPO 2017
開催会場:東京ビッグサイト 西展示棟
開催日時:2017年 2月23日(木)〜25日(土)
     ※入場無料

※2月23日(木)、24日(金)11:00〜21:00まで(入場は20:30まで)
※2月25日(土)11:00〜20:00まで(入場は19:30まで)

ミドリ安全 出展ブース:G―39

◆東京ビッグサイトへのアクセスはこちら

◆東京マラソンEXPO 2017 サイトはこちら

福島 和可菜さんプロフィール

福島 和可菜さん
official blog

福島 和可菜

Wakana Fukushima

1982年生まれ、北海道函館市出身。元陸上自衛官のタレント。
その経歴と運動神経からアウトドアスポーツでは釣りや登山・トレイルランニング・マラソンなどを得意とする。

2016年には、東京マラソン・函館マラソン・シカゴマラソン、ハーフ・駅伝など合わせて20レースに出場。 初マラソンは5時間台で走っていたが、少しずつ練習を積み重ね、シカゴマラソンでは2時間59分05秒で完走! 女性ランナーではわずか0.4%と言われるサブスリーを達成し、フルマラソンで女性芸能人初の3時間切り、最速の座を手に入れた。

テレビ・ラジオ・紙面では、
BS釣りビジョン「ギアステーション」「突撃!SEAソルジャー」
FM NACK5「JO-SPO」
FM ヨコハマ「JOG STATION」
FM FUJI「LET'S GO!GOOUT SUNDAY!!」
東京スポーツ 「見たい 聞きたい 自衛隊」
など趣味を活かしたレギュラーを持つ他、 ミズノ、カネカ「還元型コエンザイムQ10」のイメージキャラクターや、はこだて観光大使・豊富町観光大使・青梅市 御岳健康大使も務める。

「 シカゴマラソン2016」
2時間59分05秒で完走!
フルマラソンで女性芸能人初の3時間切り!

「はこだてマラソン2016」
ゲストランナーとして参加

゚・:*:・。*・ 祝 ・*。・:*:・゚
2017年2月26日
福島和可菜さん、
フルマラソン自己ベスト更新!
2時間57分51秒で完走!
フルマラソンで女性芸能人
最速記録更新!!
゚・:*:・。*・:゚・゚:・*。・:*:・゚

塩熱サプリ出展ブース 販売商品

↑ WEBからも購入できます ↑

ミドリ安全 出展ブース:G―39

マラソンに必須?! 塩熱飴シリーズとは?

マラソンに必須?!
塩熱飴シリーズとは?

塩熱飴シリーズ

Ennetsu Ame Series

なぜ、電解質?

汗をかくと、水分と同時に「電解質」が失われています。 電解質(ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム等)は、 体内の水分量を一定に保ったり、生命の維持に欠かせないものです。 水分だけを補給すると体内の電解質濃度が下がり、電解質濃度を維持するためにさらに水分が排出されます。 水分とあわせて、電解質のスピーディな補給が重要です!

飲料との違いは?

塩熱シリーズは飲料タイプに比べて軽く携帯性に優れ、配布しやすく低コスト。 さらに糖分も控えめです。(例:塩熱サプリの場合、1粒で糖質わずか1g!)
別途水分は必要ですが、外出先に持出したり大勢に配布する場合など、 塩熱シリーズのほうが便利な場合があります。 水さえあれば、水分と一緒にすばやく電解質を補給できます。

だから、
塩熱飴シリーズ!

塩味というだけで熱中対策としている商品も多いですが、塩熱シリーズは違います! 塩熱シリーズの原点はスポーツドリンク。 100mlのお水と一緒にとれば、厚生労働省が推奨する塩分濃度の飲料に相当する塩分・電解質が補給できます。 単にだけでなく様々な電解質、ブドウ糖、クエン酸、ビタミンB・Cをバランス良く配合し、皆様の健やかな活動をサポートします。

フルマラソンでどうやって摂るのが効果的?

フルマラソンでどうやって
摂るのが効果的?

例えば、4時間でゴールを目指す方なら、、、

1レース 8〜10粒でOK!

マラソンで完走するには補給が大切です。 水分はよく取られますが「塩分・電解質」は忘れがちです。 「塩分・電解質」の不足は ”足つり” など パフォーマンスの低下を招きます。

レースでは、5kmごとの給水所で水を飲むたびに1粒摂取しましょう。 飽きがこないように、サプリと飴を交互に摂取するのも一つの方法です。

普段の練習でも5kmごと、または30分ごとに1粒、水と一緒の摂取が効果的です。 パフォーマンスの維持・向上に新しい定番アイテム 『塩熱飴シリーズ』で、記録更新を!

たくさんのご来場ありがとうございました。