買い物かご 0¥0

送料

カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)

atg作業手袋

快適性・機能性・ハンドケアnew -working glove- ATG®作業手袋

お客様の会社に最適な作業手袋をご提案します! お客様の会社に最適な作業手袋をご提案します!
ATG社の技術基盤 ATG社の技術基盤
エアテック

エアテック 360度、全周囲への通気性

通気性の代名詞といえるエアテックは、手袋内の温度上昇を抑え、快適性を高める技術です。
特許を取得したマイクロ発泡ニトリルコーティングによるエアテックの微小な気泡が、通気口となって熱を発散させ、皮膚呼吸を可能にします。

エアテックは「360°全周囲の通気性」を実現します。快適な温度が保たれることで安全性も生産性もアップします。

エルゴテック

エルゴテック 疲労感の緩和

手袋は第二の皮膚である、という理念に基づいた技術がエルゴテックです。手の馴染みやすさと感触を最大限に追求し、優れた使い心地をもたらします。

人の手の形を模したエルゴテックのデザイン開発が、作業性、柔軟性と繊細な感触をもたらす手袋を生み出します。

デュラテック

デュラテック 耐久性がもたらすコストパフォーマンス

デュラテックは手袋の耐久性を高める技術です。長期間の使用に耐えることでコストパフォーマンスが高まりますが、デュラテックの目的はそれだけではありません。さわやかで清潔な使い心地が得られるよう、洗濯可能な強靭さも持ちあわせています。長期間の使用も清潔さがあってこそ、です。

カットテック

カットテック 耐切創性

カットテックは、高機能の糸や繊維を混合することにより、様々なレベルの切創事故を防ぐ技術です。お客様の快適性と満足度を追求して開発が進められてきました。
このカットテックには、親指と人差し指の股部分へニトリル強化加工を追加し、耐久性を向上させました。しばしば手袋の弱点となるこの部分の強化は、長期間の使用とコスト削減を可能にします。

グリップテック

グリップテック 掴む力、アップ

グリップ力は安全性の重要な条件である、とATG®は考えます。
グリップテックによる微小空洞加工は、部品等をより確実に掴む力を高めるとともに、グリップ力の不足がもたらす手の疲労感を軽減します。グリップテックの効果を最大限に引き出すため、特許取得のコーティング方式によって、必要な部分に特化した加工がされており、作業性と柔軟性を高めます。
この技術には、ウェット・ドライいずれの環境においても機能するように工夫がされています。またカットテックを併用すると、耐切創性とグリップ性の最適バランスが得られます。手元が滑らなければ、切創事故も起きにくくなります。グリップテックは疲労を軽減し安全性を高める技術です。

リキテック

リキテック 耐水・耐油・耐薬品性

リキテックのバリアはお客様を危険な液体類から守ります。業界屈指の技術によって、製品ごとに適量の柔軟なコーティングが極細ゲージのシームレスライナーに施されています。コーティングとシームレス・ニットの技術を組み合わせることにより、撥水性と高い耐薬品性を備えつつ、同等機能を持つ他社製品では得られない最高レベルの快適性を有しています。※マキシドライ、マキシドライ プラスには耐薬品性はありません。

サームテック

サームテック 優れた防寒性

サームテックは、低温でも硬くならないコーティング技術と裏地に使われる編み手袋を組み合わせ防寒性を高める技術です。
ATG®の最先端設備において断熱性の糸と繊維が組み合わせれ、柔軟性、作業性、快適性、軽量性を損なうことなく防寒性の高い製品の生産を可能にしています。

AD-APT テクノロジー

手の温度上昇を抑えるAD-APT®テクノロジー

AD-APT®は、手の温度上昇を抑えるATG®の新技術です。
この新しいテクノロジーを持った手袋に織り込まれたマイクロカプセルが、手の温度上昇を抑えます。AD-APT®テクノロジーを持つこのマイクロカプセルは、わずか1ミクロン未満〜数百ミクロンの大きさです。
拡大するとゴルフボールに似た形をしており。表面の凹みの一つ一つが感熱性の被膜となっています。手の温度上昇に伴い、これらの被膜が刺激され、AD-APT®の冷却材(エッセンシャルオイル)が皮膚表面に放出されます。AD-APT®は手にひんやり感を与えますが、人体の体温調節機能に影響を及ぼすことはありません。

イベント画面・下部 (EVENT_FOOTER.html)