>>ミドリ安全 「安全靴・作業靴TOP」へ戻る

正しい足のサイズの測り方

自分の足のサイズ
   知っていますか?

ミドリ安全の安全靴・作業靴は、靴の種類により、サイズ(足長)21.0〜31.0cmまであります。自分の足のサイズを測定してみましょう。

正しい足のサイズの測り方

そくちょう

足長(サイズ)を測る

カカトの一番出っ張っている部分から、最も長い足指の先端までの長さを測ります。

そくい

足囲(靴幅)を測る

親指の付け根と小指の付け根に メジャーやヒモを一周させ測定します。

測り方のポイント

◆両足を肩幅の広さに平行に開き、水平な所に直立します。

◆目線はまっすぐ前を見て、両足に均等に体重を乗せます。

◆安全靴を着用する時に履く靴下を履いて測定しましょう。

 一人では正しく測れません。正確に測る為に、他の方の手を借りましょう。
 一人で測るときは、かがみ込むように座る姿勢をとり、両足に均等に体重を掛けて測りましょう。
 両方の足を数回測ってください。測り方や筆圧が安定し平均した計測結果を得られるようになります。

 

※左右で足の大きさが違う場合は、大きい方の足に合わせて靴を選んでください。

そくちょう

足長(サイズ)を測る

カカトの一番出っ張っている部分から、最も長い足指の先端までの長さを測ります。

以下の手順を参考に、最適なサイズを測定してください。

1.測定用紙A4用をこちらからダウンロードします。(A3用はこちらからダウンロード)
プリンターがない場合は、A4白紙に次図のようにたての線とよこの線を引き、目盛をつけて、測定用紙を作成します。

※測定用紙印刷上の注意:IE/firefox/safari/pdfは「実際のサイズ」で印刷。GoogleChromeはオプション>「ページサイズに合わせる」チェックを外して印刷。

2.水平で硬い床の上で、測定します。1で用意した紙のよこ線に、背表紙の高い本、又は箱を合わせて置きます。かかとの中心と人さし指を中心線に置き、本の背(or箱)にかかとの一番出っ張っている部分を合わせ、紙の上に直立の姿勢で立ちます。

3.本をつま先側に持っていき、指にあたる位置で縦線と垂直に置いて、印をつけます。印をつける時は、背中をのばして、まっすぐ立ちます。

4.よこの線(かかと)から印の位置(一番長い指先)までの測定値が足長です。

測定値 25.3cmの場合

足長25.5cm

になります。
※下の「靴のサイズ表」を参照ください。

そくい

足囲(靴幅)を測る

親指の付け根の一番出っ張っているところと、 小指の付け根の一番出っ張っているところに、メジャーやヒモを一周させ測定します。


ポイント
一度ややきつめに巻き付け、ちょっと力を抜くと容易に計測できます。
ヒモの場合は一周したところに印を付けた後、伸ばして長さを測ってください。
足に心地よくフィットする靴を選ぶためには、自分の「靴幅」を知ることが大切です。 靴幅は足囲に応じて「EE」や「EEE」などで表示され、足囲が大きいほど靴幅も大きくなります。
足長と足囲を測ったら

サイズ表から靴幅を判定

「靴のサイズ表」から、目安となる靴幅を確認します。


※靴のサイズ表↓をクリックすると、色表示されます。

足のサイズは、その日の体調や計測する時間によって微妙にサイズが変わります。
また測定したサイズが同じでも、足の骨格や肉付きにより最適な靴のサイズが変わったり、フィット感の好みにも個人差があります。
ここで測定したサイズはあくまで目安としてご利用下さい。
【靴のサイズ交換については、別途お問い合わせください】

※下記条件に該当する場合に限らさせていただきます。
・商品到着後7日以内にご連絡を頂いたもの
・未開封、未着用、あるいは室内での試し履きのみの商品
・商品タグが付いた状態で、且つ付属品、内紙などの成型材を含む全ての内容物、外箱があること
※詳しくはコールセンター TEL:0120-310-355 までお問い合わせください。