買い物かご 0¥0

送料

カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)
令和3年4月1日から法令改正

溶接ヒュームが
特定化学物質になりました!!(第2類物質)

溶接ヒューム及び塩基性酸化マンガンが、労働者に神経障害などの健康被害を及ぼすおそれがあることが明らかになったため、「労働安全衛生法施行令」「特定化学物質障害予防規則」「作業環境測定法施行規則」「作業環境評価基準」等が改正されました。
法令改正にあたり各施行日、準備するものなどを再確認しましょう。

法令改正のポイント

【注】…その他必要な措置については以下の10項目をご確認ください。
は関連商品がございます。

呼吸用保護具選択フロー

呼吸用保護具選択フロー

施行日・経過措置

施行日・経過措置<

※1…その他必要な措置については法令改正のポイント下部の10項目をご確認ください。

【1】溶接ヒュームの個人ばく露測定

金属アーク溶接等作業を継続して屋内作業場で行う作業者は、必ず個人ばく露測定を実施してください。

溶接ヒュームの個人ばく露測定継続屋内

個人ばく露測定サンプラーセット

測定機器PM4個人サンプラーセット

詳しくはこちら

【2】測定結果に応じた有効なマスクを選択

【1】で測定した個人ばく露測定結果を入れて要求防護係数を算出し、これを上回る指定防護係数を有するマスクを選択します。

要求防護係数

マスクを選ぶ際に、この値以下になってはいけないという防護係数。
要求防護係数を求めるためには溶接ヒュームの個人ばく露測定を行う必要があります。

指定防護係数

マスクを正しく使用したときに得られるとされる防護係数。
マスクの区分ごとにあらかじめ決まっています。

要求防護係数の求め方

例:溶接ヒューム中のマンガン濃度の最大値が1.0(mg/m3)のとき

要求防護係数の求め方

上記で求めた、要求防護係数20を上回る指定防護係数をもつマスクを選びましょう。

指定防護係数別マスク

【3】フィットテストの実施

面体形のマスクを選択した場合は、フィットテストが必要です。ルーズフィット形はフィットテストは不要です。
JIS T8150:2021『呼吸用保護具の選択、使用及び保守管理方法』の定める方法、またはこれと同等の方法によりフィットテストを行います。

フィットテスト継続屋内

フィットテストキット FT-10

フィットテストキットFT-10

詳しくはこちら

その他の防護具

おすすめ商品

イベント画面・下部 (EVENT_FOOTER.html)