買い物かご 0¥0

送料

カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)

定量的フィットテスト用 サンプリングアダプター 定量的フィットテスト用 サンプリングアダプター

マスクフィットテストに戻る

取替え式防じんマスク、電動ファン付き呼吸用保護具の定量的フィットテストには、サンプリングアダプターが必要です。使い捨て式防じんマスクの場合は、プローブキットが必要です。

定性的フィットテストの場合はマスク加工は不要です。

加工したマスクは、実際の作業では絶対に使用しないでください。

興研

※電動ファン機能はOFFにしてフィットテストを行ってください。

スリーエムジャパン

※面体6000、6500シリーズ用。他の面体には使用できません。

※面体3000シリーズ用のアダプターは現在無償でのご提供となっております。ご提供数量につきましては制限がございますので、担当営業までご相談ください。

※面体7000シリーズ用のアダプターは現在ご用意がございません。

・面体

・模擬面体

重松製作所 組合せ例

電動ファン付き呼吸用保護具 全面形面体

専用面体とサンプリングアダプターを併用(① + ② + ③の3点セットが必要)になります。

シリーズ名 組合わせる面体 FTフィルタ
(サンプリングアダプター)
Syx099 TW099 Sサイズ ※ ①
TW099 Mサイズ ※ ①
TW099 Lサイズ ※ ①
FTフィルタ#1(プローブ付) ②
FTフィルタ#1(プローブ無) ③
Sy185 TW088 Sサイズ ①
TW088 Mサイズ ①
TW088 Lサイズ ①

 フィットテストに用いる呼吸用保護具は、実作業で使用する呼吸用保護具と同一の接顔体、材料及びしめひもをもつ面体を使用する必要があります。

防じん・防毒マスク用面体「TW099」「TW088」は、電動ファン付き呼吸用保護具面体「Syx099」「Sy185」とそれらが同一であるため、フィットテスト用面体として使用しています。

電動ファン付き呼吸用保護具 半面形面体

模擬面体とサンプリングアダプターを併用(① + ②の2点セットもしくは、① + ② + ③の3点セットが必要)になります。

シリーズ名 組合わせる面体 FTフィルタ等
(サンプリングアダプター)
Sy11F FTマスク#11F※1 ① FTフィルタ#5(プローブ付) ②
Sy11 FTマスク#11※1 ①
Sy28 FTマスク#28 / 28RF※1 ① FTフィルタ#1(プローブ付) ②
FTフィルタ#1(プローブ無) ③
Sy28R FTマスク#28R※1 ①
Sy20 実作業で使用する面体に取付けてお使いください。 FTアダプター#20F※未発売
FTフィルタ#1(プローブ付) ②

※1 フィットテストに用いる呼吸用保護具は、呼吸用保護具を使用するときの作業モードに関係なく、防じん・防毒マスクの状態(電源が入っていない状態)で行う必要があります。「FTマスク#11F」「FTマスク#11」「FTマスク#28/28RF」「FTマスク#28R」は、電動ファン、バッテリーがない模擬面体のため、電動ファン付き呼吸用保護具として使用できません。

 上記以外のサンプリングアダプター、模擬面体は現在開発中です。

取替え式防じんマスク

シリーズ名 主な対象マスク※1 取付けるFTフィルタ
(サンプリングアダプター)
T2 TW01SC、TW11C、TW01SFC、
TW01S、TW01C、TW01
FTフィルタ#1(プローブ付)
T2
X2
TW088、TW022Sd、
TW08SFU/TW08S、
TW02SF、TW02S/TW02
FTフィルタ#1(プローブ付)
FTフィルタ#1(プローブ無)
U2K
U2
DR76DSU2K
DR76U2-s
FTフィルタ#2(プローブ付)
U2K
U2W
DR28SU2K、DR28SU2W
DR80U2W、DR28SPU2W
FTフィルタ#2(プローブ付)
FTフィルタ#2(プローブ無)
C2
L2W
DR28SC2、DR80SC2
DR28SL2W、DR80SL2W
DR185L2W
FTフィルタ#3(プローブ付)
FTフィルタ#3(プローブ無)
P2W DR22P2W FTフィルタ#4(プローブ付)
FTフィルタ#4(プローブ無)
R2
R2N
TW01C、TW01※2 FTフィルタ#1(プローブ付)
TW02※2 FTフィルタ#1(プローブ付)
FTフィルタ#1(プローブ無)
DR77R2N、DR77R2
DR77SR2N、DR77SR2
FTフィルタ#4(プローブ付)

※1 主な対象マスクのみ記載しており、表に記載がないマスクもあります。

※2 TW01C、TW01とケースレスフィルタ(R2、R2N)を使用するときには、専用のキャップとホルダーが必要ですが、フィットテストを行うときはキャップとホルダーを外してFTフィルタを取り付けます。

イベント画面・下部 (EVENT_FOOTER.html)