買い物かご 0¥0

送料

カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)
高視認安全商品 高視認安全商品

高視認安全商品

高視認安全商品は、夜間作業はもちろん、 明るい場所での日中作業においても、着用者の存在を視覚的に際立たせるために設計されています。色は蛍光イエロー(黄色)や蛍光オレンジ・蛍光ピンクなどがあり、再帰性反射素材(リフレクター)の反射光が組み合わさり、優れた視認性を提供します。
ミドリ安全では、JIS T8127規格に適合した高視認性安全服、安全ベスト、レインウェア、ヘルメットカバー、レッグカバーなどをラインナップしています。

JIS T 8127とは

JIS T8127規格は、着用者の存在について視覚的に認知度を高める、高視認性安全服に関し規定しています。
規格に適合した製品を着用することにより、作業時の車両事故リスク低減に繋がります。

【ミドリ安全】高視認性安全服

高視認性安全服は、要求される視認性によりClass1からClass3まで、
3つのクラスに分類されます。

JIS T8127規格では上下の組み合わせ(アンサンブル)でのクラス判定が可能です。

※表は横にスクロールできます。

リスクレベル

JIS T 8127Class 3

保護すべき度合いが最も高い

Class3

JIS T 8127Class 2

保護すべき度合いが中程度

Class2

JIS T 8127Class 1

保護すべき度合いが最も高い

Class1
目安となる想定着用者の例
  • 高速道路上の作業者
  • 公共事業作業者
  • 線路上作業者
  • 緊急事態活動職員
  • 空港路上作業者
  • 一般道路上の作業者
  • 公共事業作業者
  • 配送作業員
  • 各種調査
  • 検針作業員
  • 交通警備/整理従事者
  • 駐車場
  • サービスエリア
  • 倉庫内
  • 工場内などの環境下での作業者
リスクレベルに関する要因 移動体の速度 時速60km超え 時速60km以下 時速30km以下
道路使用者のタイプ 作業活動中の受動的な者 作業活動中の受動的な者 作業活動中の受動的な者
製品特徴
  • 昼間及び夜間の視認性
  • 全方向からの視認性
  • 形状認識に適したデザイン
  • 胴部を一周する
  • 昼間及び夜間に必要な面積、並びに色度及び輝度
  • 昼間及び夜間の視認性
  • 全方向からの視認性
  • 形状認識に適したデザイン
  • 昼間及び夜間に必要な面積、並びに色度及び輝度
道路など使用者の状況・環境

Class2を超えるリスクレベルの作業環境であり、次の要素が追加される。

  • 作業者が著しく高められた車両、建機などの移動体(以下、移動体)の速度及び狭められた視界の両方又は一方の状況にさらされている。
  • 移動体の速度は60km/hを超える。

Class1を超えるリスクレベルの作業環境であり、次の要素が追加される。

  • 移動体の近接にて作業する可能性がある。
  • 移動体の速度は60km/h以下である。
  • 作業従事者の高視認性が昼夜。
  • いかなる天候時においても必要とされる。
  • 作業者は移動体の侵入に注意を払わず仕事をしている。
  • 移動体から作業者は十分な距離を確保している。
  • 移動体の速度は30km/h以下である。

全方向再帰性反射テープ

夜間作業の安全性を考慮して、腕、胸、腰、膝にリフレクター(高性能再帰性反射テープ)を採用し、着用者のあらゆる動きに対し全方向から認識可能な設計になっており、強力な反射光で着用者の存在を知らせ、安全性を高めています。

距離別の夜間視認性比較

光源から10m離れた
視認性比較

光源から30m離れた
視認性比較

光源から50m離れた
視認性比較

光源から100m離れた
視認性比較

JIS T 8127 適合品

高視認性ブルゾン

JIS T 8127 適合品

高視認性シャツ

JIS T 8127 適合品

高視認性イージーフレックスパンツ

JIS T 8127 適合品

高視認性防水帯電防寒コート

JIS T 8127 適合品

高視認性クールファン

高視認グッズ

高視認性安全服の着用についての注意点

高視認性安全服は着用者の車両事故リスクを軽減する機能性防護服です。
反面、蛍光生地と再帰性反射材の取り扱いには注意を要します。
職場の環境、着用頻度、選択方法、保管方法で差異がございますが、製品の劣化については各職場において定期的に蛍光生地と再帰性反射材の効力をご確認願います。

再帰性反射材の取り扱いご注意

  • 酸やアルカリの化学薬品の付着で変色します。
  • 汚れ、汗など水分が固着したままで放置すると変色及び、ガラスビーズの剥難が発生する場合があります。
  • 再帰性反射材はご家庭での洗濯回数や表記以外の取扱、あるいは局部的に摩擦を受けた場合に反射性能の劣化や外観上の不具合が起こることがあります。
  • この製品の再帰性反射部(シルバー色)に酸・アルカリなどの化学薬品や油脂、汗などの汚れが付着すると化学反応により反射部が変色したり、反射性能が低下する恐れがあります。付着した場合は、直ちに中性洗剤またはきれいな水で洗い流し、よく乾燥させてください。
  • コールドスプレー及び、デオドラントスプレーが直接反射材に付着した場合は反射性能が劣化しますので、直ちに中世洗剤またはきれいな水で洗い流し、よく乾燥させてください。
  • 柔軟剤の使用により反射性能が劣化しますので、使用しないでください。

洗濯方法

  • 洗濯表示に従って洗濯してください。
  • 洗剤は中性洗剤をご使用ください。
  • 塩素系漂白剤は使用しないでください。
  • 柔軟剤は使用しないでください。
  • ドライクリーニングはお避け下さい。
  • 反射材へのアイロンはお避け下さい。
  • タンブル乾燥はしないでください。
イベント画面・下部 (EVENT_FOOTER.html)