買い物かご 0¥0

送料

カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)

土のう袋・ブルーシート | 雨・水害対策特集

雨・水害対策

全国で豪雨災害が頻発。過去10年の間に97%の市区町村で水害が発生しています。
毎年どこかで台風や大雨、ゲリラ豪雨による河川の氾濫などにより、住宅・資産・公共施設などに損害を与え、時には人命を奪う「水害」が起こっています。
全国にある1,741市区町村(2015年末)のうち、2006年から2015年までの10年間に一度も水害が起きてないのは、 驚くことにわずか49市区町村(2.8%)に過ぎないのです。
いざという時の為に、平常時から具体的な対応方法を策定し、防災行動計画を作成しておくことが大事です。

 ●過去10年の間に97%の市町村で水害が発生しています


@全国で豪雨災害が頻発。
10年で一度も水害が起きていないのはわずか2.8%


A地球温暖化が影響している?
大雨の発生件数が増加。


大雨の発生件数

 ●水害にあっても事業継続ができるために、事前対応が重要


B水害は、本社だけではなく、工場・倉庫等が被災すると被害が
長期化し、事業の継続が難しくなる。


C事業を中断しない!
短期間で再開をめざす。

事業の継続

Dハザードマップ情報で
職場や自宅の水災の危険を知る

国土交通省ハザードマップポータルサイトを活用しましょう。災害時の避難や、事前の防災対策に役立つ情報を公開しています。

●地域が洪水に見舞われたときの浸水の程度が、国土交通省「ハザードマップポータルサイト」で見ることができます。
●ハザードマップで、職場や自宅周辺の浸水等の危険区域を把握するとともに、職場や自宅独自の危険個所も洗い出しましょう。
例えば、近隣の川の堤防が決壊したと想定すると、
1.事業所にはどこから水が入ってくるのか? 2.どこに止水対策をすればよいのか?
3.浸水からどうしても守らなければならないものは、どこに移動すればよいのか?等を洗い出すことが大事です。


国土交通省 ハザードマップポータル

国土交通省 ハザードマップポータルサイトはこちら

 

 ●いつ・誰が・何をするか?


住民、企業、自治体、政府等の主体が、事前に協議して策定したタイムライン(防災行動計画)に沿って対応を!!

防災行動計画


◆大型水のう・止水版・土のう
イベント画面・下部 (EVENT_FOOTER.html)