買い物かご 0¥0

送料

カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)
特定小電力トランシーバー SR70A レッド
特定小電力トランシーバー SR70A レッド
特定小電力トランシーバー SR70A レッド

※画像をクリックすると拡大します。

特定小電力トランシーバー SR70A レッド

商品コード 4076050264
販売価格 17,380円
(税抜: 15,800円)
販売単位 1台
入数 1台
出荷予定日 7営業日以内出荷
※ミドリ安全営業所経由の納品の場合は異なります。
返品可否 返品不可

本品は、準備中・欠品中若しくは終息の為ご注文をいただくことができません。
関連品などを参考に別途ご選択ください。

欠品中(小)


誠に申し訳ございません。上記商品はただいま欠品となっております。
お客様にはご迷惑をおかけ致しますが、商品の供給が正常化するまで
しばらくの間販売を見合わせていただきます。


返品不可

    ●商品の外観、価格、仕様等を変更させていただく場合があります。予めご了承ください。


重量・容量 重量:約95g(本体のみ)
サイズ・寸法 本体寸法:W57×D16.5×H88mm(アンテナ、突起物含まず)
レッド
規格 RoHS 指令対応
技術基準適合証明取得機種
特徴 高い防塵・防水性でクラス最薄のスリム・コンパクトボディ
●防塵・防水 IP67
●中継器対応
付属品 ベルトクリップ
注意点 ※こちらの商品はご注文頂いた時点より『キャンセル不可』となりますのでご注意ください。

仕様
商品詳細
●チャンネル数:47ch 交互20ch/中継27ch
●バッテリー容量:約33時間 単三アルカリ乾電池1本 約39時間(SBR-17MH) 受信1:送信1:待受8
●充電時間:約2.5時間(SBR-17MH)
●送信出力:10mW以下
●スピーカー出力:60mW以上(内部SP@4Ω、10%歪時)
●通信方式:交互通話/中継通話
●電波形式:F3E/F2D
●動作温度範囲=−10℃〜+50℃
その他機能
●音声録音/再生
●バイブレーター着信
●相手が通信可能範囲にいるかがわかるARTS機能
機能

関連商品

「ミドリ安全ドットコム」は、5万点の品揃え!たくさんの商品の中からお選びいただけます!

防災FAQ

防災グッズとは?
災害時に使用できるよう事前に準備できる、非常食や防災ヘルメット・防災トイレ・ライト・手袋(軍手・耐切創手袋)などです。
ミドリ安全では、家庭はもちろん企業や自治体でも使える防災グッズをご用意しました。
防災ヘルメットとは?
災害時に落下物などから頭部を守るヘルメットです。大人用から子ども用までサイズも色も豊富に揃ってます。
普段は場所を取らない折りたたみ式のヘルメットが人気です。
日本の災害発生状況について
「2020年7月 令和2年7月豪雨」「2019年9月 台風19号」「2018年 北海道胆振東部地震」など地震・台風・集中豪雨、火山噴火・・・毎年のように全国各地で自然災害が起こっている「日本」。 明日起こるかもしれない災害に企業や家庭でできることをミドリ安全はご提案します。
事前の準備が大切です!防災備蓄は、最低でも3日分、7日分以上あればなおよし!
ライフラインが寸断されると物資が届かなくなり、備蓄品を切り崩して乗り切らなければなりません。電気やガスがなくてもすぐ食べられる食料。特にトイレは十分な量の備蓄が必要です。また、平時を考えるとコンパクトに保管できる点も備蓄品選びは重要です。
災害時に必要となる防災グッズについて
防災備蓄は、最低でも3日分は揃えましょう!
ライフラインが寸断されると物資が届かなくなり、備蓄品を切り崩して乗り切らなけらばなりません。電気やガスがなくてもすぐ食べられる食料。特にトイレは十分な量の備蓄が必要です。
・食料 一人1日3食×3日 9食分
・水 一人1日3リットル×3日 9リットル分
・毛布 一人1枚
・トイレ 1日5回×3日 15回分
・防災ヘルメット 一人1個
いざという日に備える防災用品は、保管スペースが非常に重要です。防災用品はコンパクトな防災セットや折り畳みな可能な保護具など省スペースな防災用品を選びましょう。
ミドリ安全の防災グッズの特長について
ミドリ安全の防災商品は、個人・家庭から企業防災まで様々な防災商品を取り揃えております。
個人やご家庭では、手軽で省スペースな防災用品セットがおすすめです。ご飯やおかずが充実しガスや水を使わなくても食べられる「そのまま食べれれる保存食セット3日分プラス」や、誰でも簡単に食べられるアルファ化米シリーズなどの保存食に雨や風から身を守るサバイバルシートがセットになった充実の防災備蓄セット「充実BOX3」がおすすめです。
企業では、自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続、あるいは早期復旧を可能とするために、事前の手段や準備をするBCPを導入しましょう。