買い物かご 0¥0

一律送料378円

カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)
左メニュー・カテゴリツリー下部 (LEFTMENU_CATEGORYTREE_BOTTOM.html) 左メニュー・中央 (LEFTMENU_MIDDLE.html)

レーザー用しゃ光メガネ

■レーザ光用遮光保護具選択の目安

同じレーザ光の名前でも波長が違う場合があります。
また、名前が違っても発振波長が合えば使用できます。詳しくは商品詳細にある資料をご覧ください。

■レンズ特性は6タイプあります。

レンズ
タイプ
タイプ名 特 長
レーザ光完全吸収タイプ 一般作業用で安全性を重視し、光学濃度を高く設計してありますので通常レーザ光は見ることができません。用途に応じて紫外線レーザ用から可視光レーザ・赤外線レーザ用までの広範囲にわたってご用意しています。
レーザ光一部透過タイプ
1/100 減衰“整備用”
光軸調整、整備、光路確認などレーザ光が見えないと作業ができない時に用いるもので、可視光レーザに対してご用意しています。目安として100mW以下、光学濃度2
レーザ光一部透過タイプ
1/10,000 減衰“整備用”
光軸調整、整備、光路確認などレーザ光が見えないと作業ができない時に用いるもので、可視光レーザに対してご用意しています。目安として10W以下、光学濃度4
多波長兼用タイプ 作業中、同時に複数の波長をカバーしたい時などに最適です。可視光域については、ある程度光路確認できるよう光学濃度を低く、紫外線、赤外線については高く設定しています。
強化ガラスタイプ 視認性に優れた強化ガラス性レンズです。
ハイパワーレーザ光用対応タイプ 光学濃度と損傷しきい値を高く設定しています。

■フレームタイプは3タイプあります。

ゴグルタイプ

顔面の密着度が高く眼鏡の上から併用可能で、散乱光などの角度が特定できない場合に適してます。

2眼タイプ

テンプルは掛け外しのしやすいストレートタイプで軽量コンパクト。

オーバーグラス

度付めがね装着併用可能。お使いの度付めがねを掛けた上から装着しレーザ作業が行えます。


■商品名をご確認ください。

※レーザ光遮光保護具の選択にあたっては、下表の各データが判明しないと正しい選択ができません。選択時やお問い合わせの際には下表を参考にしてください。

レーザ種類

■レーザ光用遮光めがねについて

1.  「使用可能なレーザの種類」以外のレーザ光に使用しないでください。
2.  作業中にめがねを外さないでください。
3.  このめがねを着用しても、絶対にレーザビームを直接のぞきこまないでください。
目の障害やレンズが損傷する場合があります。
4.  一度でも大きなレーザエネルギーを受けたり、損傷が発生した場合は使用しないでください。
5.  溶接用遮光めがねとして使用しないでください。

カテゴリ画面・下部(CATEGORY_FOOTER.html)
レーザー用しゃ光メガネのカテゴリーページトップに戻る