ミドリ安全TOP  > 防災対策特集  > 救助・避難・消火用品

生活用品pc 生活用品スマホ用 救助避難消火pc 救助避難消火sp

救助・避難・消火用品:災害時、扉がゆがんで開かなくなると避難経路が遮断される恐れがあり、
建物の倒壊や什器の下敷きになった場合に備え、
救助工具セットはフロア内に保管しておきましょう。
また、担架があれば階段などの不安定な場所でも、安全に比較的ラクにけが人を搬送することができます。

救助・避難・消火用品:災害時、扉がゆがんで開かなくなると避難経路が遮断される恐れがあり、
建物の倒壊や什器の下敷きになった場合に備え、
救助工具セットはフロア内に保管しておきましょう。
また、担架があれば階段などの不安定な場所でも、安全に比較的ラクにけが人を搬送することができます。



●救助工具の必要性
阪神・淡路大震災で建物・家具に閉じ込められた方のうち脱出できた多くの人は、家族や友人、
隣人等に救助してもらっています。
地震後1〜2時間後に救出・救助活動に携わった人は20.6%に達し、30〜50歳代の男性は
3人に1人が救出活動に従事したといいます。
この数字からも「自分の命は自分で守る」「自分たちの組織は自分たちで守る」という考え方の重要性がわかります。

●救助工具の必要性
阪神・淡路大震災で建物・家具に閉じ込められた方のうち脱出できた多くの人は、家族や友人、隣人等に救助してもらっています。
地震後1〜2時間後に救出・救助活動に携わった人は20.6%に達し、30〜50歳代の男性は3人に1人が救出活動に従事したといいます。
この数字からも「自分の命は自分で守る」「自分たちの組織は自分たちで守る」という考え方の重要性がわかります。