買い物かご 0¥0

送料

カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)
防災特集

非常食・保存食・保存水

保存水や非常食・保存食の準備はできてますか?

非常食・保存食とは、数ヶ月〜数年の長期間備蓄・貯蔵する事を考え、防腐・加工処理された食料品の事です。
栄養バランスも考慮し調理しないですぐに食べられるものが便利です。

そして防災備蓄の1つの手法となっている「ローリングストック」。
非常食・保存食をそのまま備蓄するのではなく、定期的に食べる事で賞味期限切れを未然に防ぎながら日常の中で
食を通じて防災意識を高める方法です。非常食・保存食を食べる日を決め、普段は意識しない防災について
ご家族で話し合い、非常食・保存食以外の備蓄品や避難場所、連絡先などを再確認する機会にもなります。

非常食・保存食のカテゴリ

■おすすめの非常食・保存食

非常食・保存食はいろいろな味のものを揃えておいた方が飽きがきません。
災害時は「水がない」「お湯が沸かせない!」可能性があります。非常食・保存食の備蓄は料理しないですぐに食べられるものが便利です。
高カロリーで栄養バランスがよいものをしっかり摂取しましょう。健康を損なわず乗り切るために食事はとても重要です。
保管スペースには限りがあり、コンパクトに保管できる備蓄品が役立ちます。
災害時は日々ゴミが増えていきます。災害時はゴミの置き場にも困ります。ゴミにも配慮したものを選択しましょう!
災害時に水が出ない!配管が破損!停電!などでトイレが使用できない場合があります。
災害用トイレ・簡易トイレがあれば水が無くても使用できます。衛生を保つためにも消臭や除菌スプレーで清潔に保ちましょう。

非常食の選び方のポイントは?

いざというときに重要になる非常食。非常食を選ぶ際に役に立つポイントを紹介します。

普段から食べ慣れているもの・美味しいものを選ぶ

被災時は常に緊張状態にいるので、食事は美味しく食べられるものや普段から食べなれているものがあるとストレスを軽減することができます。そのまますぐに食べることができて、美味しいもの・普段から食べなれているものであれば被災時の極限状態でも安心して食べることができます。ぜひ「試食レポート」を参考においしい非常食をお選びください。

被災した状況を考えて選ぶ

被災した場合、火や食器を使って食事ができないことが想定されます。お湯や食器を使わずに食べられる非常食は被災した直後でもお腹を満たすこと・動くためのカロリー摂取をすることができます。政府のガイドラインによると「大規模災害発生時には、「1週間分」の備蓄が望ましい」とされています。あきのこない、できるだけ美味しく食べることのできる非常食を必要な人数分ストックしておきましょう。

食べるときや管理に手間がかからない非常食を選ぶ

非常食を食べるときに、簡単に開けることができるもの。パッケージのまま食べられるものを選ぶと便利です。誰でも簡単に食べられるものを非常食として準備しておくと、いざというときに安心することができます。また、保存期間、賞味期限や何食分準備できているかなどわかりやすいパッケージの非常食を選ぶことで管理しやすくなります。

その他のおすすめ商品

早く食べられるアルファ化米

イベント画面・下部 (EVENT_FOOTER.html)