買い物かご 0¥0

送料

カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)

耐切創性手袋

薄い金属板やガラス、刃物などの鋭的なものを扱う現場では、切創事故の危険が常に付きまといます。
必ず耐切創性の保護手袋を着けて、事故の回避を心がけましょう。
作業に合わせて、軽快で安心な耐切創性の保護手袋をお選びください。

耐切創性手袋 おすすめ商品

カットガードシリーズ

ミドリ安全のカットガードシリーズは、ポリエチレン繊維を使用した毛羽立ちにくい耐切創性手袋です。金属繊維やガラス繊維の使用により耐切創性をさらにアップしたタイプ、手のひらのすべり止め加工により作業性をアップしたタイプなど、充実したラインナップを揃えております。

ポリエチレン繊維の特長

軽さと耐切創性を持つ溶融紡糸式高強力ポリエチレン繊維

軽さと耐切創性に優れ、ポリエステル、ナイロン繊維に対しては2倍以上の強度があります。光や水に対して優れた耐久性を示し、また耐薬品性にも優れています。

優れた低発塵性

長繊維を採用しているため、手袋からの埃や毛羽立ちの発生が少なく、埃をきらう精密機械等の作業にも使えます。

欧州規格 EN388 の耐切創性試験が変わりました。

欧州規格EN388がEN388:2016に改定され、試験円形刃を鈍化させる手袋については、ISO13997の耐切創性試験でも評価することが義務付けられました。

EN388の耐切創性試験
(クープテスト)とは

円形刃で回転往復運動を行い切創させる試験。試験布と規格で定められる基準布が切れるまでの回数の比から切れにくさを数値で算出し、その数値に応じてレベルを1〜5の5段階で評価。耐切創強度が高くなるほど、レベルの数字が大きい。

EN388 耐切創性試験 クープテスト
EN388 耐切創性試験 切創レベル

『EN388耐切創強度試験概要動画』公開中

旧規格 EN388:2003 のクープテストは、刃の切れ味が鈍っていく製品では正確な測定値が出にくくなります。
そこで、EN388:2016 では、この試験において刃の鈍化が認められた製品のカットレベルは X と表記され、ISO13997の試験でも評価することになりました。

ISO13997の耐切創試験

平刃を引き、試験布を切創させる試験。様々な荷重を掛けることで、それぞれを切創するまでの引いた距離を出し、荷重と切創するまでの距離との相関(近似曲線)から20mmで切創するための荷重(切創力)を求める。

ISO13997の耐切創試験
ISO13997の耐切創試験 切創レベル

表示位置

カットレベルの表示は商品ページ内の規格欄に記載してあります。

カットレベル 表示位置 カットレベル 表示位置

ゲージについて

ゲージとは一定の寸法内にある編み目の目数・段数。1インチ間にある編機の針数をもってゲージと言います。
一般的な軍手は7ゲージ、インナー手袋やオールコート裏布付き手袋では13ゲージのものが主流です。ゲージ数が大きくなるほど編み目は細かくなり、柔軟性、伸縮性に富んだフィット感のある手袋になります。細かい作業などでお使いの場合はゲージ数の大きい手袋がおすすめです。

ゲージについて 1インチ(2.54cm)中に7編み目で7ゲージ
一般的に編み目が細かくなるほど薄い手袋になる。
カテゴリ画面・下部(CATEGORY_FOOTER.html)
耐切創性手袋のカテゴリーページトップに戻る