買い物かご 0¥0

一律送料378円

カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)

水害・浸水対策グッズ特集

雨・水害対策

全国で豪雨災害が頻発。過去10年の間に97%の市区町村で水害が発生しています。
毎年どこかで台風や大雨、ゲリラ豪雨による河川の氾濫などにより、住宅・資産・公共施設などに損害を与え、時には人命を奪う「水害」が起こっています。
全国にある1,741市区町村(2015年末)のうち、2006年から2015年までの10年間に一度も水害が起きてないのは、 驚くことにわずか49市区町村(2.8%)に過ぎないのです。
いざという時の為に、平常時から具体的な対応方法を策定し、防災行動計画を作成しておくことが大事です。

 ●過去10年の間に97%の市町村で水害が発生しています


@全国で豪雨災害が頻発。
10年で一度も水害が起きていないのはわずか2.8%


A地球温暖化が影響している?
大雨の発生件数が増加。


大雨の発生件数

 ●水害にあっても事業継続ができるために、事前対応が重要


B水害は、本社だけではなく、工場・倉庫等が被災すると被害が
長期化し、事業の継続が難しくなる。


C事業を中断しない!
短期間で再開をめざす。

事業の継続

Dハザードマップ情報で
職場や自宅の水災の危険を知る

国土交通省ハザードマップポータルサイトを活用しましょう。災害時の避難や、事前の防災対策に役立つ情報を公開しています。

●地域が洪水に見舞われたときの浸水の程度が、国土交通省「ハザードマップポータルサイト」で見ることができます。
●ハザードマップで、職場や自宅周辺の浸水等の危険区域を把握するとともに、職場や自宅独自の危険個所も洗い出しましょう。
例えば、近隣の川の堤防が決壊したと想定すると、
1.事業所にはどこから水が入ってくるのか? 2.どこに止水対策をすればよいのか?
3.浸水からどうしても守らなければならないものは、どこに移動すればよいのか?等を洗い出すことが大事です。


国土交通省 ハザードマップポータル

国土交通省 ハザードマップポータルサイトはこちら

 

 ●いつ・誰が・何をするか?


住民、企業、自治体、政府等の主体が、事前に協議して策定したタイムライン(防災行動計画)に沿って対応を!!

防災行動計画

台風上陸の72時間前から高波・強風の自然現象が起こり始めます。テレビやラジオ・無線機・気象庁のホームページなどから最新の気象情報を入手して災害にそなえましょう。企業の行動として、窓や雨戸など建物の外の点検や避難場所の確認をし、水害・浸水対策品の点検や非常持ち出し品の点検をしましょう。
台風上陸の24時間前は大雨・土砂災害に注意し、避難の準備を始めましょう。また危険な場所に近づかないようにしましょう。
台風上陸12時間前は暴風・高潮・洪水を起こり始めますので、止水版の設置や浸水防止対策の実施(排水活動)、重要データの避難をし従業員を安全な場所または避難場所への移動を開始しましょう。
台風が上陸すると大規模水災害が発生する恐れがあります。最終的な危険回避行動をしてください。


◆タイガーダム

■大型水のう タイガーダム■
タイガーダム(15m)は消防ポンプ・消火栓を使って注水することで、土のう約300個分を短時間でカンタンに設営できる水のうです。
作業時間は、設置から注水完了まで約10分で設置が可能。(土のう約300個分の場合は約10時間)
長さは約15m〜数kmまで連結、高さは約50cm〜5mまで積み上げが可能で、直角・カーブ・円状に設置することもできます。また、タイガーダムT型(5m)は、水道からの注水が可能な一人でも簡単に設置できる5m水のうで、連結することで長さの調整もできます。
両タイプともに繰り返し利用可能なので経済的で、損傷しても補修ができます。

◆ボックスウォール

地面に置くだけで洪水から守る。土のうに代わる次世代型緊急洪水防護システムです。
・ボックスウォールは、かかる水圧を利用して固定し、止水します。・1枚3.4kgと軽いため移動や設置が容易です。・重ねて収納が可能。

◆水のう袋・吸水土のう・土のう袋

◆安全長靴

◆救命胴衣・浮き輪

イベント画面・下部 (EVENT_FOOTER.html)