買い物かご 0¥0

送料

カテゴリヘッダー (CATEGORY_TITLE.html)
塩熱飴シリーズ塩熱飴シリーズ キャンプやバーベキューなど、レジャーのお供に塩熱飴シリーズ キャンプやバーベキューなど、レジャーのお供に塩熱飴シリーズ

塩飴・塩熱飴シリーズ

汗をかいたら「塩熱飴® えんねつあめ」!
「塩熱飴®」は2008年生まれのロングセラー商品。
熱暑環境でも溶けにくいタブレットタイプの「塩熱サプリ®」に酸味がさわやかな梅味が新登場です!職場や屋内での熱中対策・運動時のパフォーマンス維持と様々な場所で汗をかいたときの電解質(塩分)補給に「塩熱飴®」がおすすめです!
汗をかいた時に水だけ飲むと自発的脱水により、ますます電解質・水分不足になりパフォーマンスが低下します。
水分と一緒に「塩熱飴®」を摂りパフォーマンスを維持しましょう!

福島和可菜さん福島和可菜さん
水分・電解質を「摂る」
電解質ってなに?

人間の体内にはナトリウム、カリウム、マグネシウムといった電解質が含まれています。
その電解質の濃度によって細胞の浸透圧の調整や、筋肉収縮、神経の伝達などの生命活動を支えています。
電解質は、人が生きるために欠かせない重要な物質です。

汗をかいて電解質が不足すると?

体内の電解質(塩分)濃度が下がると、筋肉の収縮を引き起こし、手足のけいれんや筋肉痛、こむら返りなどが起こります。

水だけを飲むと
さらに脱水を起こす!?
大量の発汗によって水分及び電解質が失われた時、水だけを飲むと、血液の電解質濃度が薄まります。すると、のどの渇きは治まりますが、電解質濃度を一定に保とうとするカラダの働きにより、水分を尿として排出してしまいます。これが「自発的脱水」です。この状態になると汗をかく前の体液の量に回復できなくなり、運動能力の低下や体温の上昇などが起こり、熱中症の原因となります。

自発的脱水のしくみ 自発的脱水のしくみ
ミドリ安全の「塩熱飴」シリーズ
  • 携帯性に優れる
  • 配りやすい
  • 低コスト

自覚症状の有無にかかわらず、定量的に
水分と電解質を摂取しましょう。
ポケットにいつも「塩熱飴®」!

厚生労働省の発表によれば…

0.1~0.2%の食塩水または
ナトリウム40~80mg/100ml
のスポーツドリンク又は経口補水液等を、
20~30分ごとにカップ1~2杯程度を摂取することが望ましい

参考資料:厚生労働省通達「平成27年の職場における熱中症予防対策の重点的な実施について」(平成27年5月14日基安発0514第1号)に基づき作成

塩熱飴®シリーズなら

塩熱飴なら、1粒とコップ1杯(約100ml)のお水でまかなえます。

塩熱飴1粒コップ1杯(100㎖)のお水

「塩熱飴®」シリーズには電解質と栄養素がベストバランスで配合されています。

  • 電解質は体液の
    調整機能に不可欠

    ナトリウム (食塩等)
    カリウム (エンドウ等)
    カルシウム (カタクチイワシ等)
    マグネシウム (落花生等)
    体液の調整機能 食塩・エンドウ・カタクチイワシ・落花生
  • 糖質の分解や
    エネルギー代謝を助ける

    ナイアシン (鶏ササミ等)
    ビタミンB1 (豚ロース等)
    糖質の分解やエネルギー代謝 鶏ササミ・豚ロース
  • エネルギー代謝や
    水分吸収を助ける

    クエン酸 (レモン等)
    エネルギー代謝や水分吸収 レモン

  • リカバリーを助ける

    ビタミンC (イチゴ等)
    ビタミンB6 (ピスタチオ等)
    リカバリー イチゴ・ピスタチオ
  • スタミナ維持や
    疲労感の緩和

    必須アミノ酸BCAA (ゴマ等)
    スタミナ維持や疲労感緩和 ゴマ

※()内はその栄養素が多く含まれる食品の一例です。
※塩熱飴®シリーズの種類によって、含まれる成分の種類と量が異なります。
※塩分の摂取制限をされている方や腎疾患など症状のある方が摂取される場合は、医療機関にご相談ください。

経口補水塩熱飴®

商品をチェックする

商品をチェックする

炉前作業など、大量に汗をかく酷暑作業に

イベント画面・下部 (EVENT_FOOTER.html)